So-net無料ブログ作成

Rio LIVE gear シリコンイヤーフック式ヘッドホン(専用ソフトケース付) ブラック [PHP-200K]

Rio LIVE gear シリコンイヤーフック式ヘッドホン(専用ソフトケース付) ブラック [PHP-200K]Rio LIVE gear シリコンイヤーフック式ヘッドホン(専用ソフトケース付) ブラック [PHP-200K]
エレクトロニクス
発売日:2005-06-17

Amazon.co.jp 商品紹介
「 Rio LIVE gear 」は、高級感のあるアルミパネルを採用した薄型ハウジングの耳掛け式オープンエア型ヘッドホンで、開閉式のクリップハンガーにより簡単に装着することが可能。ソフトタッチのシリコンイヤーフックを採用しているので、長時間掛けても違和感が少なく、また、口径 30mm のネオマグネットドライバーユニットにより、高音質なデジタルサウンドをダイナミックに再生することができる。カラーはシルバー、ブラック、チタンの 3 種類、お手持ちの Rio プレーヤーも一緒に収納できる持ち運びの便利なキャリングケースも付属している。
* MP3本体は別売りです
  • アルミパネルを採用した薄型ハウジングの耳掛式オープンエア型ヘッドホン
  • 簡単に装着できる開閉式クリップハンガー
  • 長時間掛けても違和感の少ない、ソフトタッチのシリコンイヤーフックを採用
  • 1bit ポータブルプレーヤーの高解像度サウンドにも対応した 3.5mm 3 極ステレオミニプラグ ( 金メッキ ) を採用
  • 口径 30mm のネオマグネットドライバーユニットにより、高音質なデジタルサウンドをダイナミックに再生
  • ヘッドホンコードには強化軽量タイプの OCF リッツ線を採用


非常に使いやすいヘッドフォンです。
処分価格の際、試しに購入してみた。というのも同時に購入したMP3のインナータイプが使えないからだ。今までに買った事が無いタイプで、耳に掛けるフックが90度開いて耳に掛けて閉じられるタイプで耳も痛くなく使いやすいと思う。インナータイプと違って、外出時歩行中でも外部の音を拾えるので危なくない感じだ。インナータイプは、どうも好きになれない。インナータイプ携帯電話Bluetoothレシーバーを常時使っているが、片耳でも密閉されると歩行中でも危ない気がするので、当Rio LIVE gearは本当に良い商品だと思う。残念なことに製造中止のようで、現在の商品を大切に使いたい。それと付属のソフトケースは非常の重宝している。所持しているMP3も一緒に収納出来るので有り難い。
なかなかです
音はプレイヤーによって相性がありますので・・・なんともいえないのですが、Rioだったらとってもいい音を出してくれます。
でも私は東芝を使っているので・・・まぁ悪くはないのですが・・・

ただ、私は少し髪の毛が長いため時々フックに髪が引っかかります。
髪が抜けます。痛いです。。。
そこだけ改善してほしい・・・
フックのところに多少スペースが出来ているので・・・
まあ価格なりのものですね
装着感は非常にいいです。
付属のケースもお得感があります。

しかし、音は値段なりという感じです。
低音の迫力がイマイチでシャカシャカなってます。
ビクターのHP-AL700と比べるとがっくりきます。
 
音楽プレーヤーの入るケース付と考えれば損ではないと思います。
ははは
自分は一個買ってついかであと3個買った。イヤーフック式のヘッドフォンってたいしたことないとおもってたけど。。。ほかの方式とひけをとらない びっくりした。ほんで以前はこのてのヘッドフォンはどっち向けにけていいのかいつも混乱したがこれはいつも瞬時に間違いなく装着できる。
いい音出してます
最初の内は高音を強調した安っぽい音ですがアーシングするにつれて音はかなりよくなります。

写真で見ると少し大きく感じますが実際は小さく、厚さも薄く、軽いです。
専用のソフトケースもついていてお徳です。
買っておいて損はありません。

ただし、眼鏡を掛けながらだとフックの部分が干渉しあってつけ心地が少し悪くなります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。