So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

向田邦子×久世光彦スペシャルドラマ傑作選(平成9年~平成13年)BOX

向田邦子×久世光彦スペシャルドラマ傑作選(平成9年~平成13年)BOX向田邦子×久世光彦スペシャルドラマ傑作選(平成9年~平成13年)BOX
久世光彦
DVD
5disc
発売日:2005-12-22

何度見ても見飽きない
毎年お正月を少し過ぎたころに放送されていた、久世光彦演出の向田作品。毎回、話の構成は大体同じなのだが、つい見入ってしまう。その理由としては、向田作品の持つ「力」であろう。一見すると、堅実で、礼儀正しく、朗らかな「完璧」な家庭。しかしながら一人ひとりの人間には何かわだかまりやら秘密があって、ふとしたときにそれが露呈される。家庭の持つ「陰」の部分が非常に旨く描き出されているからこそ、この作品は時代を超えて共感されるのではないでしょうか。そして忘れてはならないのは、この作品を演じる役者たち、加藤治子、小林薫、田中祐子である。ちょっとしたしぐさにもその時々の心情が表現されており、かつそれが自然なだけに引き込まれてしまう。このような豪華な定番キャストに挑戦する「旬」の俳優たちも、普段とは異なった一面を見せていて、この点もこの作品の大きな魅力となっているように思われる。
久世さん、ありがとうございました・・・。
久世光彦さんの訃報を伝えるニュースの中で、「向田ドラマシリーズ」のDVDが発売されていることを知りました。

久世さんの「向田ドラマ」には戦前の日本にあって、戦後の日本が喪ってしまったものが描かれていると思います。
それは、心の気高さ・細やかさ。そして、自分が今いる場所を大切にする気持ち・・・。
戦争の足音が近づいてくる中で、一日一日を大切に生きていたあの時代の空気に対する久世さんの愛惜の想いが伝わってくるようです。

まずBOXセットを一つということで、このセットを選びました。
まだあどけなさの残る田畑智子さん、「終わりのない童話」の小泉今日子さん、「あ・うん」の池脇千鶴さん、最終作「風立ちぬ」の宮沢りえさんなど、キャストが多彩です。そして大好きな舞台俳優の串田和美さんが2つの作品に出演されていることも私にとっては大きな魅力です。

久世さんの作品には人肌のあたたかさを感じます。
たくさんの作品を残していただき、ありがとうございました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。