So-net無料ブログ作成

マクロス7 リマスターボックス 1

マクロス7  リマスターボックス 1マクロス7 リマスターボックス 1
林延年(現:神奈延年)
DVD
8disc
発売日:2007-09-25

突撃ラブハート!
正直、ストーリーは破綻していたと思う。

ボックス1の30話近くまでは永延ダラダラの展開だったような。

ファイヤーバルキリー(VF-19)って結構、格好がいいなー、とか思ってたけど、板野サーカスの動きは期待できません。

それでもリアルタイムで見ていた10数年前の日曜の朝。

なんでだったんだろう、、、

歌バサラ 福山芳樹氏の歌声に惹かれていたんだろうな。あの声でああいう風に歌えたら、しかも宇宙でバルキリーに乗りながらだととっても気持ち良いだろうなー、とか思いながら見ていたんだろうな。


でも、サウンドブブースターが登場したあたりから、作品の持つパワーに引き込まれていく。私だけじゃなく、他の人も、スタッフも。

最初は、持ち歌も少なかったけど、次第に新曲が登場するのが本当に待ち遠しくなっていった。その1曲、1曲がすばらしい曲だったから。

熱気バサラ。作品が持つであろうパワーを最初から予想していたような名前。

お前のこと、忘れない。俺も。
不思議と段々とバサラに共感するアニメ
敵が襲って来た時、戦場へ自家用(?)のファイヤーバルキリーを駆り、敵に対し歌を歌うという行為で軍の仕事の邪魔をしている主人公バサラはただの馬鹿だと思っていました。他にもあらゆる面で歌を歌いまくり、見ているこっちは、やじ馬の如く馬鹿にするかのように笑って見ていましたね。ギャグアニメなのかとすら思っていました。…しかし、見ているうちに真剣に歌っているバサラを見て不思議とバサラがうたで何かを伝えたい気持ちがわかってくるんです。先を見れば見るほどに段々と。後半にはバサラの歌に感動している自分がいました。敵であるギギルが歌を歌うのも衝撃的でした。最初はとことん歌っているバサラを見て馬鹿にしていたのに最後には涙を流している、そんな自分がいました。プロトデビルンではありませんが不思議な気持ちになります。
バサラ〜バサラ〜バサラ〜
欲しいっすめちゃくちゃ欲しいっす!!!ゴッドアニメです☆バサラ大好きだぜぇい!!!
俺の歌を聴けっ!!!がまた観られる(笑)
ゼントラーディとの戦いで荒廃した地球から宇宙に移民するための大型船団の7番目
艦長は前大戦の統合軍のエース、マクシミリアン・ジーナス。都市船の市長はその妻で
やはり「エース」と異名をとるミリア・ファリーナ・ジーナス(最近、不仲ですが)
その航行中出会う怪事件が発端で始まりますはこの物語。
本編の主人公は熱気バサラ(現在から観てもすごい名前だが)ヒロインはマックスとミリアの
何番目かは忘れたが娘さん(やばい名前も忘れとるミレーヌかュだったか)
前作から引き継ぐ三角関係は今作も健在(笑)またもや財政難確実な予感です(泣)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。